住宅ローン 頭金

住宅ローンを借りる時の頭金で大きくその後の返済額が変わります。

住宅は衣類や雑貨を購入するのとは違って額が大きいだけにその後の返済のことを
しっかりと考え計画をたててからではないとなかなか手が出せないお買い物となります。

 

 

 

 

なので、安易に衝動買い風に買うのではなくて、しっかりとした念入りな積み立て
をした後に購入するべきだと考えます。ある程度の覚悟がないと後々大変だからです。

 

 

 

 

そこで、住宅を購入しようとする前の最低3年くらいで頭金を用意するとその後の、住宅ローンが少しでも楽になってくるので良い方法だと考えます。

 

 

 

 

1年で100万円貯めると3年で300万円、150万円貯めると450万くらい
は貯まるのでそれを資金にして住宅購入をするとその後最大で35年間お金を借りる時の利息に大きな変化がでてくるものです。

 

 

 

 

 

住宅を購入した後に転勤やどうしても引っ越さなければいけない事情ができたとしても頭金が多いと即売却を考えられますが、そうでなければ売却することも難しくなってきてしまうのです。

 

 

 

 

やはり頭金の多さは安心感さえも与えてくれるので、その後の保証が大きくなったような感覚があり大事なことだと考えます。

 

 

 

 

そのため少しでも多く頭金は用意しておきたいところでもあります。夫婦ともに両親にお祝い程度の資金をいただくもよし、独身時代にせっせと貯めた貯蓄を切り崩すもよしで頭金の額を少しでも多く用意するとその後の状態がぐっと楽になるので本当に助かるものです。

 

 

もちろん頭金なしでの住宅購入も可能ではあるので、利用する人も多いと思います。

 

 

 

 

それはそれで、月々の返済額が多少アップしてしまいますが計画性のある人ならば大丈夫だと思います。

 

 

 

 

 

しかし、その時にはすぐにお引越ししたりすることは考えず楽なったりもするので
ある程度の覚悟はしておいた方が良いのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

どちらにしてもしっかりとした用意をして、最悪の状態のことも視野に入れて考えてから住宅購入に踏み切るのは必須だと考えます!

 

 

 

 

 

頭金というのは住宅ローンを始めるにあたり後で楽をすることができる唯一の方法でもあります。頭金が多いほど借りるお金も少なくなるので余計な金利も減る
という嬉しい手段でもあるのです!

 

 

 

 

 

そして、住宅ローンはいくつか銀行を比較する事が重要です。

 

 

 

 

 

最初から1社に絞ると、まず損をします。長期間借りるのですから、1%の違いでも、ものすごい金額になります。

 

 

 

 

 

大和ハウスの坪単価は?失敗しないマイホーム購入ポイント!のTOPへ戻る