大和ハウス グランウッド 坪単価 口コミ

大和ハウスのグランウッドの坪単価は?

ダイワハウスといえば、大手ハウスメーカーで高い知名度を誇っています。ダイワハウスの主力商品であるxevo(ジーヴォ)シリーズの中でもΣ(シグマ)は、天井高が2m72cmと、大きな空間が最大の特徴となっており高い人気を誇っている商品です。

 

 

ジーヴォシリーズには、Σ(シグマ)をはじめ、標準となるE(イー)などもラインナップされていますが、xevo GranWood(ジーヴォグランウッド)という商品も用意されています。ジーヴォグランウッドはダイワハウスが提案する木造住宅となります。

 

 

ダイワハウスはもともと鉄骨の技術に定評があり、主力商品のシグマやイーなどは鉄骨系の住宅となりますが、これまで培ってきたノウハウや、その巧みな技術を木造に置き換え開発された商品がグランウッドとなります。

 

 

このグランウッドですが、耐震性の高さはもちろん、高断熱・高気密を実現されていますし、設計の自由度も高いと定評があります。また、柱や梁などの構造軸組材に100%国産材を使うことにこだわっていますし、外観・内装ともに高級感にみちた住まいを実現されています。

 

 

現在、ダイワハウスの木造住宅を検討されている方や、吹き抜けなどを造り大きな空間を造りたいとお考えの場合、このジーヴォグランウッドのプランで提案を受けると思います。

 

 

そうなると、グランウッドの坪単価や価格帯が気になりますよね。

 

 

ダイワハウスは、ハウスメーカーの中でも価格が高めに設定されていますし、100%国産材木にこだわった木造住宅と聞くと、かなり価格が高く設定されているのではと思ってしまいます。

 

 

このジーヴォグランウッドの発売が開始した当初の坪単価は、本体工事価格3.3u当たり49.2万円〜との情報を見つけました。

 

 

ジーヴォシリーズの中でもシグマは最上位の商品とされており、坪単価は90万円前後が相場となっていますし、標準の位置付けにある鉄骨系のイーの坪単価は70万〜80万円程度だとされていますので、このグランウッドはダイワハウスの中でも坪単価が安く設定されているような印象を受けます。

 

 

しかし、『この坪単価49万円台は、建坪70坪程度の大きな家を建てた場合の本体のみの坪単価のようです、、。』との書き込みもありましたので、実際はもう少し坪単価が高くなるとお考え下さい。

 

 

参考までにですが、この木造住宅グランウッドで見積りを取られた方の情報がありましたので紹介しておきたいと思います。

 

 

建坪45坪、太陽光発電7kw、HEMSモニター、エネファーム、付帯工事、照明などを含み約3600万円の提示を受けたようです。どうやら、カーテンは含まれておらず、税抜き価格のようですが、このグランウッドの坪単価は約80万円という計算になり、ダイワハウスの価格帯としてみると一般的ですが、グランウッドの発売が開始した当初に発表された坪単価と比較すると、高いと思ってしまいます。

 

 

ちなみに、このグランウッドシリーズにはプレミアムグランウッドという商品も用意されているようで、最高級の木材を使ったフルオーダーで建てる住宅のようで、デザインをはじめ、設計などを全て自分で選ぶことができるようですが、その一方で価格帯も気になるところです。

<スポンサードリンク>




大和ハウスのグランウッドの口コミや評判

ダイワハウスが提案する木造住宅の「xevo GranWood(ジーヴォグランウッド)」では、木造軸組工法が取り入れられており、柱や梁などの構造材に100%国産材が採用されているため、耐久性が高く、また高断熱・高気密住宅の実現も可能となっています。

 

 

このジーヴォグランウッドよりもワンランク上の仕様の商品も用意されており、「プレミアムグランウッド」もラインナップされていますが、参考価格で2億7500万円と富裕層をターゲットとした商品となっているようです。

 

 

そんなダイワハウスの木造住宅グランウッドでの建築を希望されている場合、評判も気になると思います。

 

 

そこで、今回はグランウッドの口コミを調べてみました。

 

 

「天井高も2400から2600に変更と、やはり天井が高いと開放感もアップするので、そのあたりは気に入っています。」

 

 

「ダイワハウスのグランウッドでマイホームを考えていますが、打ち合わせの度に仕様がどこか削られていたりと、営業マンに対して不信感が出てきました。
何かひとつ決めるにしてもインテリアコーディネーターの方からは特に助言などもなく、淡々とここから決めて下さいと言われ、標準仕様の中から選択しています。
また、このサイディングがいいなぁと思ってそれを伝えると、木造ではできないと選択肢がかなり限られてしまうような印象を受けました。」

 

 

どうでしょうか。

 

天井が高く開放感あふれた木造住宅に満足されている声があがっている一方で、担当の営業マンの対応に不信感をいだくような声もあがっています。口コミのとおり、ハウスメーカーでは担当の営業マンとの相性というものも非常に重要なポイントで、その営業マンの対応によって評価が大きく分かれることも多いです。

 

 

契約までは熱心に相談などのってくれ、その姿勢に好感を持っていたものの、契約した途端に態度が変わってしまいいい加減な対応をされたり、予算の関係上ランクやオプションをカットすると明らかに嫌な顔をするような営業マンもいます。

 

 

基本的にハウスメーカーでは営業マンが主導となり話を進めていきますので、やや強引に事を進めていくような営業マンもいるようで、担当の営業マンの良し悪しが影響し、評価にも大きく影響することもありますので、契約を交わす前にしっかりと見極める必要があります。

 

 

また、ダイワハウスでは構造耐力上主要な部分においては長期間の保証が付いていますし、定期点検と有料のメンテナンスを行うことで50年以降も保証が可能とされていますが、点検時や不具合時の対応も、その担当者によってバラつきがあるようです。

 

 

大和ハウスの坪単価は?失敗しないマイホーム購入ポイント!のTOPへ戻る

page top