大和ハウス 断熱性能

大和ハウスの断熱性能について

大和ハウスの断熱性能ってどのようになっているのか、気になったので調べてみました。

 

 

 

 

大和ハウスというと次世代省エネ基準をクリアしている「xevo(ジーヴォ)」シリーズが主力で、「外張り断熱」と「充填断熱」が大きな特徴ですので、このジーヴォを見ていきます。

 

 

 

 

 

躯体(建物の主な構造体)の外側で断熱する方法を「外張り断熱」、躯体の内側で断熱する方法を「充填断熱」と言います。

 

 

 

 

ジーヴォは外側と内側両方の断熱をしていることになります。

 

 

 

 

鉄骨の外側を断熱材で包み込み、さらに内側にも断熱材がギッチリ入っています。大手ハウスメーカーではここまで断熱材を使用している会社は大和ハウスだけです。

 

 

 

 

ジーヴォは躯体だけではなく、天井や床も同じように断熱工法をしていますので、躯体全体に高い断熱性と気密性を確保しています。

 

 

 

 

 

また、断熱材は独自に開発した高密度グラスウールボードを使用しています。
グラスウールとはガラス繊維でできた綿状の素材で不燃なので、防火性に優れています。

 

 

 

 

 

また、外壁の中に壁体内結露対策を施してありますので、部屋の湿気が壁の中に入るのを防止し、もし湿気が壁の中に入ってしまっても、

 

 

 

 

 

 

通気層の空気の流れで室外に排出するようになっているので、壁の中に結露ができないようになっています。

 

 

 

 

更に2014年には「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」が発売されました。この商品はグッドデザイン賞や日経産業新聞賞を受賞しました。

 

 

 

 

 

断熱性能の向上は勿論、巨大地震が繰り返し起きても耐えられる壁、構造躯体の強度アップにより業界最大の大開口を作ることができます。

 

 

 

 

 

鉄骨も木造もxevoシリーズはありますので、一度は検討してもいいのではないでしょうか^^

 

 

 

 

大和ハウスの坪単価は?失敗しないマイホーム購入ポイント!のTOPへ戻る

大和ハウスの断熱性能関連ページ

大和ハウスの全館空調
大和ハウスの全館空調について説明しています。
大和ハウスの耐震性能
大和ハウスの耐震性能について紹介しています。